経鼻内視鏡検査

経鼻内視鏡とは?

経鼻内視鏡は、苦痛が少ないことが評価されて急速に普及している検査ですが、最近の技術開発によって、検査の質も着々と進歩しつつあります。さらには、今までの内視鏡検査では発見しづらかった病変が、経鼻内視鏡の強みを生かして容易に発見されるようになってきています。
経鼻内視鏡は従来の内視鏡より格段に細く作られており、口からだけでなく鼻からも挿入することができます。そのため、内視鏡検査を苦しくする原因の一つの嘔吐感がほとんどありません。また、医師と会話しながら検査を受けることができるため、苦痛が少なく安心して受けられる検査です。

さらに、最近は観察性能の向上もめざましく、最新の技術開発によって画質が格段に改善され、明るく見やすくなってきています。さらに、コントラストを高める技術も経鼻内視鏡に応用され、これまで見分けることが難しかった病変を容易に発見できるようになりました。

また、経口の内視鏡が直径約10mmなのに対して、経鼻は5.9mm。細くてしなやかなスコープなので小回りが利いて狭い空間でもスムーズに反転して観察することができるため、従来の太い内視鏡では見づらかった場所の病変を見つけやすくなりました。

苦痛が少ないだけではなく、技術の進歩により観察精度が高くなった経鼻内視鏡は、これまでの内視鏡とは違う、新しいタイプの内視鏡といえますし、今後、さらに皆さまの身近な検査になるものと思います。

胃癌だけではなく、ご自身の胃がどうなっているのかを確かめておくためにもぜひ一度お試しになり、何かが見つかっても早期に対応できるよう、定期的に受診することをおすすめします。

経鼻内視鏡

内視鏡で実際に撮影した写真
内視鏡で実際に撮影した写真

画像処理を施した写真
画像処理を施した写真

経鼻内視鏡検査の3つのメリット

1.検査中に吐き気をもよおしにくい

口から内視鏡を入れた場合、どうしても舌の根元に触れてしまうため、咽頭反射が起こり「おえっ」となります。経鼻内視鏡検査の場合は、鼻から内視鏡を入れるため、舌の根元に触れることがなく、ほとんど吐き気を感じること無く検査を受けて頂けます。

2.検査の最中でも、医師とコミュニケーションが取れます

口が自由な状態なため、内視鏡での検査中でも話しをすることが可能です。検査を行っている医師とコミュニケーションを取りながら検査を行うことが出来、気になったことはすぐに確認しながら安心して検査を受けられます。

3.使用する麻酔量が少ないため体に優しいです

口から入れる検査に比べ、用いる麻酔の量が少なく済むため体への負担が少ない検査です。検査終了後約30分から60分で食事や車の運転が可能です。