インフルエンザ流行っています

2018.01.27

どうも、皮膚科担当の田中です 🙂

皮膚科ですが、木曜日は内科がお休みということもあり、かかりつけの内科の患者様を拝見する機会が少なからずありまして…

インフルエンザ、今期は出足が遅いかなーなんて印象でした。

例年の大まかな流れとしては

都内で流行(人口が多いですから!)→

都内勤務や通学の家族からの感染、また通勤、通学路などを遡って?川越に接近→

川越市内の幼稚園保育園→川越市内の学校で流行(年内は主にA型)

ここで一旦冬休みになり集団感染は小休止状態になり、年が明けると今度はインフルエンザB型がパラパラと流行る…っといったような印象でした・・・・

・・・・が、・・・

今年は思ったほど年末には蔓延せず 🙂 、朝霞や志木あたりで流行っているとクリスマスのころ聞いて、あぁ冬休みだからもうこっちでは大丈夫かしら~なんて思っていたら、年が明けて1週間くらいから大流行でございます 😥

今回はA型、B型同時に流行している感じなので一気に倍増、私が木曜日にワンオペで診療をしていると、今日は皮膚科だけの日なのに…??なんて思うくらい先週は大変でございました 🙁

「隠れインフルエンザ」なんて言われる、あまり症状が強くでないこともあり、単なる風邪だと思っていても実はインフルエンザだったなんてことがあります。

たまたま検査をする機会があってわかったものの、本人にとってはどうってことのないいつもと同じような風邪…ていどでやり過ごし、現実に風邪程度の症状で自然治癒していっているかもしれないのです。

ご本人はそれでもいいですが、排ウイルスをしていれば、他人に移り、移った先ではしっかりインフルエンザ発症なんてことも十分にあるのです。(これは実は思っているよりずっと多いかもしれません)

今の季節咳くしゃみの出る人は、しっかりマスクをしてしっかり手洗いをすることが人に移さないためのエチケットですし、また人が触れる場所はどこにでもウイルスが付着している可能性があるので、マメな手洗い、うがいなどで防御するしかありませんね…。

皆様もお気を付け下さいませ。