田中医院

0492220002

医院ブログ

多汗症治療について その2

最近、「多汗症のブログを見ました」と来てくださる方が多く、ブログを書いてよかったな、もっと多汗症に悩んでいる方のお手伝いができればな・・・と感じております。

寒くなってきましたが、多汗症の方にとっては夏でも冬でも関係なく、冬の厚着でさらに蒸れやにおい等に悩まされる季節かと思います。一年中、汗の悩みは尽きないですよね。

前回の多汗症ブログでは腋窩多汗症の保険適応のお薬2剤を紹介しました。

今回は、さらに制汗できるもの・腋窩(脇)以外にも使えるものとして、当院で塩化アルミニウム液をオリジナルで作りましたのでご紹介させていただきます。

塩化アルミニウム液は脇汗だけでなく、手汗・足裏の汗・頭皮の汗にも使用できます。スプレータイプをご用意しました。※保険適応外、自費治療になります。

脇汗の場合には、夜のお風呂後に脇をドライヤーの冷風でよく乾かしたあとスプレーし、再度ドライヤーの冷風で乾かします。痒みや赤みが出たりすることが少なくないので、肌の弱い方は翌朝シャワー等で流しても問題ありません。

手汗・足裏の汗は、油分のあるクリームで保護した後に塩化アルミニウムを塗布し、手袋・靴下・ラップ等で覆って浸透させます。

かぶれる場合もありますが、もしかぶれてしまった場合には炎症やかゆみを抑えるお薬の処方(保険適応)・濃度の調整・かぶれやすい部分への事前の外用剤塗布など対処方法は多々ありますのでご相談くださいね。

★塩化アルミニウム液 30ml 770円(税込)/100ml 1760円(税込)

 

さて、ここからは私個人のお話しになります。私自身は前回もお話しした通り脇の汗に悩んでおります。今回、塩化アルミニウム液を作るにあたって、当院のスタッフでモニターをして、もちろん私も参加しました。塩化アルミニウムの制汗剤は、以前ネット通販で海外製のものを使ってひどくかぶれ、かゆみもひどく、さらに薬液の臭いが汗のにおいと混ざって最悪な思いをしたことがありました。今回当院の塩化アルミニウム液を使ってみた結果、使用1日目で効果は抜群、「わきの下がサラサラ」という今までにない経験です。連日使用していましたが、4日目くらいから使用を止めてみたところ3~4日間制汗力が維持されていました。使用1回で1週間近く制汗されていたスタッフもいました。私は肌が弱いので多少かぶれやかゆみが出ましたが、外用剤で対処できる程度でした。皮膚科での処方ですから、肌トラブルがあった際にも相談できるので安心です。

なにより、汗が止まったことで生活にかなりの変化がありました。

・脇汗用インナーを着なくて済む

・脇が直接化学繊維の服に当たっても汗をかかずにおわないので、化学繊維の服等がそのまま着られる

・グレーの服が着られる!

・他人との距離を気にせずに過ごせる 等・・・

私はかなり汗がひどいタイプの人間ですので、多少のかぶれやかゆみがあっても脇がサラサラしているならいい!という感じですが、かなり個人的な見解ですので参考程度に。また、かぶれた場合は濃度の調整等もご案内しております。肌の露出が少ない時期なので、自分の肌に合った適切な濃度を見つけるにはちょうど良い季節かと思います。使用頻度も個人差がありますので、まず30mlでお試ししてみてください。

使用部位や汗・皮膚の状態等により濃度を決めて処方しますので、皮膚科で「汗が気になる」とご相談くださいね。

 

長文読んでいただきありがとうございます、汗に悩む皆様に参考にしていただければ幸いです。

ページトップへ戻る

MENU